女性をデートに誘う時にOKの返事をもらう確率を上げる口説くメール術

女性をデートに誘う時にOKの返事をもらう確率を上げる口説くメール術

デートに誘うときに、OKの返信をもらえる確率が上がる方法をご紹介します。

 

好意を抱いている人にメールを送る時はちょっと緊張しますよね。

 

返事帰ってくるかな?OKの返事はもらえるかな?と
でもこんな風に悩んでいても、何も前には進まないので
勇気を振り絞って、「ダメ元」で口説いてみてください。

 

その方が、断られた時の感情が大分柔らいで、よし次はどんな風に誘おうか!
とすぐにボジティブに考える事ができますよ。

 

さて、ちょっと話が途切れましたので戻ります。

 

肝心なデートに誘うときにOKの返事をもらう確率を上げる口説く方法

女性をデートに誘うときに一番OKの返事をもらえるのが

 

「あそこに気になるカフェがあるんだけど一緒にいこう」

 

こんな風に口説くとOKの返事をもらうことが多いです。

 

特に女性は、美味しい食べ物には目がありませんので
カフェなどに誘うと特にOKの返事をもらえる確率が上がります。

 

また、メールの送り方として
例題で上げた文章よりかは、具体的に必ず書いてください。
あまりにも中傷過ぎると、相手からの返事で

 

「いいね〜じゃ〜また今度誘ってね」・・・

 

と話が終わるという、最悪の返事が返ってくることがあります。
特に1通目のメールは、考えて送信するようにしましょう。

 

女性を口説く時のメール文や極力シンプルにして
返信したくなる状況を作りましょう。

 

日付を具体的に伝える

良い例としては「○月○日○時に○○(場所)」と説明すると相手もわかりやすくなります。
その日に予定が入っていない場合は、OKをもらいやすくなります。

 

悪い例としては、「来週あたりどこか行こう」です。

 

何もかもが曖昧で予定も立てにくいですし
どこに行くのかも明確でないため返信しにくくなります。

 

会いたいということを素直に告げる

これは、ある程度信頼関係を築いていることが条件になるのですが
素直に会いたいという事を伝えてください。

 

自分の身を守るために色々と細かい作成を立てるよりも
ストレートな表現の方が女性の心に響きます。

 

ご馳走するから食事に行こう

奢ってもらえるのはやはり嬉しくなるものですし、給料日前には効果テキメンかも?
女性もOKを出しやすくなります。

 

ただし、ご馳走するといったのなら
それなりに雰囲気の良いお店を選んでくださいね!

 

具体的に言うと・・・
「場所やお店の名前、具体的な料理名」を押さえると効果的です。
人は具体的だと、イメージが膨らみやすくなります。肝です。

 

携帯

 

男:「〇〇に、〇〇の美味しいのがあるみたいだけど知ってる?食べたことある?」

 

女:「え〜知らな〜い、美味しいの?」

 

男:「誰々が美味しいって言ってたから
  ネットでググッてみたらこんな風に美味しそうだよ!
  いついつ、一緒に食べに行かない?
  それかこの日とかどう?
  あ〜お腹空いてきた(笑)」

 

*この日程決めも重要なポイントです。
相手のスケジュールをこちらは知らないので

 

例:5月7日土曜日(近日)を初めに提示し、もう1つの日程を提示する際は、
2〜3週間後、もしくはよく月ほど間を空けるといいですよ。

 

相手のスケジュール帳の空白を狙い、自分との予定を入れてもらう!
特に色々とお付き合いがあり、忙しい人を誘うときには必衰です!

 

そして誘うお店ですが・・・

 

デートで気になるのが、お店の質や料金などですね!

 

あまり見栄を張りすぎて、食後のデートに使えるお金がない!
ということにならないように、ご自分のお財布ときちんと相談してくださいね。

 

お店の質や料金ですが、女性は・・・
必ずしも高級料理を食べたい、という分けではありません。
美味しくて高いお店に行きたいのは、男女とも同じです。

 

ですが、高級レストランだからといっても会話が弾まなければ
いくら美味しい料理を食べたからといっても
思い出が料理のことだけになってしまい
あなたとの親密度はあまり上がらないでしょう!

 

むしろ、この人お金もってるかも・・・!って
思われたら大変ですよね(^^;

 

ですので特に付き合って間もない頃は
ある程度のカフェやレストランでいいと思います。

 

まずは美味しさより雰囲気を重要視してください。
面白いや身近にあまりない料理など。

 

高級レストランに行くのは、何回かデートを重ねた後や
何か特別なイベントの時やその後にしましょう!

 

楽しいイベントなど行くと記憶に残りやすいでしね。