メールをキリよく終わらせる方法

メールをキリよく終わらせる方法

メールの終わらせ方のタイミングって案外難しいものです。
できれば、相手から終わらせてもらえたらなとつい思ってしまうこともあります。

 

特に盛り上がったときって完全にタイミングが分からなくなってしまいますよね。

 

直接的に「もう遅いから眠るね」では、
あ…迷惑だったかな?と相手に不要な気を使わせてしまうかもしれません。

 

そんなときは
「つい楽しくて、こんな時間までメールしてしまったよ。ごめんね。またメールするね」
といったように、とっても楽しかったけれど、また今度メールするねという気持ちを
伝えると、相手もすんなり納得するはず。

 

特にメールが苦手だという方や
メールでのコミュニケーションがはじまったばかりの人には
オススメの終わり方だと思います。

 

このほかには
「お風呂入ってくるね」
「ちょっと買い物行ってくるね」
「明日またメールしてもいい?」
などといった締めくくりも感じよく終われます。

 

せっかく相手に好意があってメールを始めたのに
いつまでこのメールが続くんだろう?とお互いが
感じてしまったらもったいないですよね。

 

それからもうひとつ効果的なのは、
自分の生活パターンを相手にさり気なく知らせることです。

 

「自分はいつも11時くらいに眠るよ」
とか
「○時〜○時までは、何も予定ないからメールできるよ」
といったように、予め伝えておくのです。

 

それだけで相手から気遣ってもらえるので、
気持ちも楽ですよね。

 

せっかくのコミュニケーションツールである携帯メール。
最大限に活用してください。