思わず返信したくなるようなメール術

思わず返信したくなるメールの条件

携帯メールは今や高齢の方でもマスターしているほど流通しています。
ちょっとしたやりとりは、携帯メールが当たり前となっているのですが、
中には、「返信がこない…」

 

「催促するのも気が引け…」

 

不安に思う経験をしたことってありませんか?

 

思わず返信したくなるメールの条件として

 

“読みやすいメール”が挙げられます。

 

では、どういったメールが読みやすいを思われるのでしょうか?

 

要件を書いたら、必ず読み返す。

 

   →漢字のご変換や脱字をチェック。特に名前の間違いは特に気を付けて。

 

ひとつの文章が長くなりすぎないように注意。

 

   →適宜、句読点を入れて。

 

画面ぎっしりと文章を入れない。

 

   →改行したり、1行あけると読みやすい。

 

文章に合った、絵文字・顔文字を入れる。

 

   →使い過ぎには注意してください。

 

  ポイントは最後まで相手に文章を読んでもらうことですね。

 

  返信してもらうには、まず読んでもらわなくてはいけませんから^^

 

  そして、何についての返信が欲しいのかも具体的に示すことも大切です。

 

  せっかく送ったメールは限りなく100%に近い確率で返信がほしいですよね^^

 

 

 ぜひ試してみてください。

相手を思いやるメールを心掛ける

携帯が流通したことでのデメリットと言えば
直接コミュニケーションを図る機会が減ったということでしょう。

 

だからこそ、”相手を思いやるメールを心掛ける”ことがとても大切です。

 

例えば、友達や恋人と直接会って話をする場面を想定してください。
あなたは会った瞬間に自分の要件をツラツラと述べますか?

 

きっと「元気だった?」

 

「この前〜って言ってたけど、大丈夫だった?」

 

などといった相手の様子を思いやる言葉をかけることでしょう。

 

メールでもそのことは忘れてはいけません。
気配りを感じると、すぐに返信したいと思うものです。
更に+αとして

  • 心がこもっているなぁと感じる内容。
  • うれしくなるような言葉が書いてある。
  • 温かみを感じる。
  • 励ましてくれている。

こういったことを心に留めておくと
気持ちがきちんと伝わって返信も届くと思いますよ。

 

要は直接会って話している光景を思い浮かべてメールを送ってあげることです。

 

要件だけではなく、その背景にあるあなたの思いやりも一緒に伝えてください。
携帯は意思伝達を図るツールでしかありません。
それに心を吹き込むのはあなたですよ^^

メールは締めくくりが重要

特に男性に多い意見なのですが、

 

メール文面の最後が

 

  「質問形で終わるメールには返信をしたくなる」そうです。

 

頻繁に使ってしまうと、逆にうんざりされてしまう恐れはあるものの
覚えておきたい効果的なテクニックのひとつです。

 

なぜ男性は質問形で締めくくるメールに返信するかというと、これには理由があります。

 

女性は一気に色んなことができる器用さを元々持っていますが
(おしゃべりしながら運転したり、など)
男性はひとつのことに集中する性質なのだそう。

 

ですからメールも前に書いてある文章を記憶していないのです。
いくつか質問メールを送っても、最後の質問しか回答がなかった割合が
高いという データもあるそうです。

 

また、

 

  「メール待っていますね」や

 

     「○○までに返信頂けると助かります」

 

そう言った、返信を心待ちにしているひと言を添えると尚良いです。

 

押しつけていないかな?と不安になるかもしれませんが
素直に「返信くださいね」と伝えることはオススメですよ。

 

またメールを送るタイミングも重要。
相手の生活パターンがある程度把握できているのならラッキーです。

 

相手がくつろいでいるとき、ゆとりを持って過ごしている時間帯に
メールをすると、返信率はぐっとあがると思います。

 

ぜひ試してみてくださいね。