モテる携帯メール術 メールの送り方を紹介

フラれた後のメールの内容は

好きな男性にフラれてしまった・・・。
だけど、フラれてしまった=関係が終わりということではありません。
中には、付き合うことはできなかったけど
友達としてこれからも付き合っていきたいと考えることもありますよね。

 

では、フラれた後のメールの内容ってどんな感じにすれば
これからも友達関係を続けていけるでしょうか。

 

まず大切なのは、相手の気持ちを考えることです。
特に男性は、メールのやり取りが苦手な場合が多いです。
例えば、その日一日の報告メールを送られても何と返信していいかが
分からなくなってしまいます。

 

ですから、あくまで用事があるとき限定でメールをしてみましょう。
そしたら、相手も返信しやすいと思います。

 

とは言え、フラれて間もないときにメールをすると
どうしても相手は気を遣ってしまいます。

 

ですから、あせらずに1ヶ月から3ヶ月くらいは時間を空けた上で
メールのやり取りを再開してみてください。

 

人と人との関係は、慌てて築いていけるものでもないし
自分の気持ちだけを押し付けても成立しません。

 

だからこそ、ゆっくり・じっくりを合言葉に前へ進んでいきましょう。

 

メールでフラれた相手の気持ちを考える

 

メールで大切なことを済ませてしまうことは
いけないことだと思います。

 

メールはあくまでコミュニケーションを維持するための道具であって
それに全てを任せてはいけないからです。

 

それにメールでフラれた相手の気持ちを考えてみてください。
気持ちの整理がつかず、辛い毎日を送ることになってしまいます。

 

あなたが相手のことを愛おしかった記憶が少しでもあるのなら
別れるときにはきちんと直接会って話をしてください。

 

ですが、もし会って話をできる精神状態ではないときは
無理に会うと逆効果になるかもしれません。

 

そんなときは、メールに頼るしかないかもしれませんね。
とは言っても、メールで全てを済まそうとしてはいけません。

 

「別れたいと思っている。近いうち、必ず時間作るから会って話をしよう」
と会うことを約束した上で、自分の気持ちを伝えてください。

 

恋愛はひとりだけでするものではありません。
ふたりで築いていくものです。

 

ですから、区切りをつけるべきところは
ふたりできちんと分かり合えるまで話し合ってください。

 

あなたと関係が終わったあとでも、相手に幸せになってほしいと
願う気持ちが大切なのです。

好きな男性にフラれてしまった後のメールタイミング

好きな男性にフラれてしまった・・・。
とても辛いことですが、受け入れて前へ進まなくてはいけません。

 

フラれてしまった時、大まかに分類して2通りの気持ちがあなたの中で生まれると思います。
ひとつめは
「もう会いたくない」
ふたつめは
「友達としては仲良くしたい」

 

ニュアンスに違いはあるかもしれませんが
会いたいか会いたくないかというのはきっちり分かれるはずです。

 

もしあなたがフラれた後のメールのタイミングを図っているのだとしたら
相手の立場になって考えてみると答えに近づくと思います。

 

例えば、ずっと友達として仲良くやってきたのなら
あなただけではなく、相手の男性も傷ついているはずです。

 

そんなときは、タイミングなんて深く考えず
できるだけ早く友達として復活できるように
あなたからメールをしてあげると、相手も喜ぶのではないでしょうか。

 

次に、恋愛感情が先に芽生えた関係については
すぐにメールを送ってしまうと、相手は困ってしまうかもしれません。

 

あなたのことをよく知らないし仮に知りたいと思ったとしても
フッた手前、それが思わせぶりな態度になってしまわないか・・・
と悩ませてしまうかもしれないからです。

 

そんな時は、ある程度時間を置いて
お互いが落ち着いてからメールをしてみるといいですよ。

 

過去にこだわりすぎてしまうことはいけませんが
こだわっているのか、それとも前に進んでいるのかは
自分で線引きをしていく必要がありますね。

 

間違っても、体だけのドロドロした関係にはなってはいけません。
新しい恋どころか、自分を傷つけてしまいます。