文章だけで伝わりにくい感情は、絵文字を使うと伝わりやすい

文章だけで伝わりにくい感情は、絵文字を使うと伝わりやすい

絵文字っていっぱい使っていると子どもっぽいかな?
自分のキャラに合わないかも…。

 

高校生や若い世代だとそんなに気にせず、
好きなように飾って送るメールですが

 

30歳すぎて落ち着いた年齢になってくると
何だか少し恥ずかしい気持ちになってくるのが
絵文字メールとデコメールです。

 

以前からの友達ならそんなに意識する必要はありませんが
ある程度落ち着いた年齢になっての知り合った人には
どんな雰囲気のメールがいいかなぁと考え込んでしまいます。

 

それが好きな人へのメールだったらなおさらです。

 

絵文字ってどんなメリットがあるのでしょうか?

 

自分の気持ちを絵文字で表現できる

多用してしまうと、見づらいだけですが
文末にちょこっと絵文字を入れるだけで味気ない文章にイントネーションが感じられて
相手はあなたのテンションを感じながら読むことができます。

 

文だけでは伝えきれないあなたの感情を代わりに伝えてくれます。

 

普段の自分とのギャップを見せたいときに効果的

普段は、話下手で静かな人でもメールだと
元気でかわいい自分を見せることができるのもメールのメリットです。

 

かわいらしさがアピールできる

年齢問わず、可愛らしい面は好きな異性に見せておいて損はありません。
日ごろクールな人ほど、絵文字で飾ったメールは喜ばれますよ^^

 

今はずいぶん絵文字が増えて、選ぶのに迷ってしまうほどです。

 

プライベートのメールなのですから
自分が楽しくなるように、絵文字メールを楽しんでください。

 

もし絵文字にどうしても抵抗があるのなら
このような顔文字「(^o^)」からトライしてみてくださいね。