大好きな人への応援メール

応援メールの内容はシンプルに

応援メールをマスターできれば、好きな男性との距離を縮めることができます。
日々、社会でもまれている男性は、仕事をしていく覚悟は女性とは少し異なります。

 

男性は例え結婚していなくとも「自分が大黒柱になるんだ」という意識を持っています。
つまり将来妻や子どもを養っていかなくてはいけないという、責任を背負っているのです。

 

だから、もっと上へ行きたいと努力することを惜しまないのです。
こうした仕事人間の彼を好きになったあなたは、
ちょっと寂しい思いをするかもしれませんね。

 

ですが、あなたにできることがあります。
それが”応援メール”です。

 

応援メールには色々な内容があると思いますが
相手を認めてあげる言葉をたくさんかけてあげましょう。

 

・いつもスゴイね!尊敬しちゃう!
・こんなに仕事に打ち込めるなんて、毎日が充実しているね
・あんまり頑張りすぎたら、体壊しちゃう

 

等と、相手が頑張っていること前提でのメールにするのです。

 

そしてこの応援メールは、できるだけシンプルな内容にしましょう。
あなたが片思いを実らせたい気持ちは分かりますが
自分のことをアレコレ話しても、相手に余計な気を遣わせてしまいます。

 

2〜3行程度で、返信は求めない文面を心がけましょう。

好きな人への応援メールは、恋愛に発展する可能性大!

好きな人が忙しくてなかなかかまってくれないとき
あなたはどんなことを思いますか?

 

「どんなに忙しくてもメールくらいする時間あるでしょ!」
「私のことなんて考えてくれないんだ・・・」

 

等と考えてしまっていては、上手くいくはずの恋愛も壊れてしまいますよ。

 

まずメールは送るものであって、返信を求めるものではない
メールに返信を求めてしまうと、相手も重荷に感じてしまうし
何よりあなた自身が辛い思いをするでしょう。

 

メールを送っても反応がないときは、数日空けて何事もなかったかのような明るさで
再びメールを送ってみましょう。

 

そうすることで、メールの返信を強要する重みはありませんし
相手も返信していないことを気にしたりすることがありません。

 

上記を踏まえた上で、応援メールを送ってあげましょう。
応援メールにはもちろん返信を求めません。

 

「今日も一日お疲れ様。ゆっくり疲れを癒してね、おやすみ」

 

などと、頑張る彼にエールを送るのです。
応援メールは決まった時間に毎日送ってみてください。
習慣化させることで、相手もあなたからのメールを待ってくれるようになるでしょう。