元気のない恋人へ励ましメールを送るコツ!

元気のない恋人へ励ましの言葉をかけるときの伝え方

元気の無い恋人を目の当たりにしたとき、あなたはどんな言葉をかけてあげますか?
男性は自分でも知らないうちにストレスを溜め込んでしまいます。
だからこそ、いち早く彼女がそのことに気づいてあげてフォローできればいいですよね。

 

アドバイスよりも肯定してあげること

良かれと思ったアドバイスも、げんきのない彼にとっては
追い詰めるような言葉にしか聞こえないでしょう。

 

アドバイスよりも話を聞いてあげて
彼のことを認めてあげる肯定的な言葉をかけてあげてください。

 

(例)
何回失敗したって大丈夫だよ!次失敗しても
その次に成功すれば、今までの失敗が全部帳消しになるからさ!

 

無理に元気の無い理由を聞こうとしない

彼が話したがらないようなら、無理に聞き出そうとする必要はありません。
問題を解決したら、きっと話してくれる日がくるでしょう。

 

励ましの言葉

・私はあなたのそういう所、好きだけどな。
・次は上手くいくといいね。
・無理だけはしちゃダメだよ。
・あなたがいるから幸せだと伝える。

 

「あなたがいてこその私(俺)なんだよ」と伝えることは、
元気のない恋人にとって、大切なエネルギーになります。

 

「よし!君がいるから大丈夫」って思えるからです^^

 

励ましの言葉の中でも「がんばれ」は定番ですが、
ギリギリの状態へいる人に対しては適切ではないという声をよく聞きますよね。

 

確かに「がんばれ」って命令形になるので、ちょっと強引な言葉かもしれません。
もっと上を目指そうよ!という言葉よりも、

 

“私はあなたのことをちゃんと見ているよ”
“そばにいるよ”という気持ちを表現して励ましてあげましょう。

 

恋人が元気がないときこそ二人にとって、大切な時間を過ごしてくださいね。
そのために携帯メールはフル活用してください。
きっと近くに感じると思います。