恋人と仲直りする方法

恋人と仲直りする方法

あなたは恋人とケンカをしてしまったとき
「どうしたら仲直りしてくれるの・・・?」と悩んだことはありませんか?

 

ある大手のランキングサイトでは、どうやって仲直りするか?
という質問に対してこのような回答になりました。

 

「ごめん」のひと言はまるで魔法

「ごめんね」のひと言ほど、強力な仲直り法はありません。

 

ケンカは悪かった人が謝るべきだと思っていたりしませんか?
それは間違いであることを理解するべきです。

 

ケンカ両成敗という言葉がありますが、正にその通り。
必ずどちらにも悪い部分というものはあります。

 

あなたから折れることで、相手の冷静さを取り戻すでしょう。

 

話し合う!これに尽きる!

お互いが納得するまで話し合えたらそれが一番です。
今だけの感情をぶつけるだけではなく、将来を見据えた話合いを心がけてください。

 

相手の気持ちが治まるのを待つ

自分ではどうしても状況を変えられないときは、
静かにしていることもひとつの方法です。

 

時間を置くことで相手も落ち着きを取り戻すでしょうから
そのタイミングを見計らって仲直りすると良いでしょう。

男女のケンカはどうして終わらない?

男女のケンカはなかなか一筋縄ではいきません。
お互いが本当に納得するまでに、かなりの時間をかけてしまうこともあります。

 

それは男女間での考え方が違うからということも大きな原因。
女性が腹を立てるツボを心得ておけば、不要なケンカは避けられるかもしれません。

 

今回は、メールでケンカになってしまったときに
余計に女性を怒らせてしまうケースを紹介します。

 

女性の逆鱗に触れてしまうかもしれないメールの内容

「うん」「はい」

メールは相手の温度や雰囲気を感じ取ることができませんから
単調な返事は余計に怒らせてしまう可能性大・・・です。

 

「どっちでもいいよ」

何かの選択を迫られたとき、「どっちでもいいよ」と返信してしまうと
女性は”どうでもいいって思われた・・・”と感じてしまいます。
投げやりな印象を与えてしまうことになるんですね。

 

「なるほどね」「ふーん」

明らかに会話を膨らませようとしていないメール内容です。
大切な話ほどこの返信には腹を立ててしまう女性が多いでしょう。

 

ケンカをしているときは、もちろんあなたも腹を立てているかもしれません。
ですが、対面しているならともかくメールなんです。

 

メールだと気持ちを落ち着けることができますし
相手へ送る前に読み返すこともできます。

 

ここは、あなたが大人になってあげてもいいのでは?
女性を怒らせないメールのやり取りを勉強することで
より仲良くなれるのではないでしょうか。