仲直りのルールが違う男女の仲直りメール

仲直りのルールが違う男女の仲直りメール

些細なことから恋人とケンカをしてしまい、
もう何とも思っていないのに時間だけが過ぎていくことってありますよね。

 

男女のケンカで多いのは
女性の訴えに男性が耳を貸さないパターンです。

 

男性からすると女性の訴えはうっとうしいだけなのでしょうか?
実はそもそも男女の”仲直りのルール”は全く別なのです。

 

女性は「仲直りするために、話し合おう」とします。
男性は「仲直りするために、その話題をさけます。

 

女性と男性のストレスの解消法が違うからこのような
傾向になるのかもしれません。

 

女性はストレスがたまったら、友人などに
思い切り吐き出すとすっきりしますよね。
逆に男性はそのストレスの元を忘れようとして飲みに行ったりします。

 

ですから、ケンカをしてうまく話し合いができないのは
こうした男女差があるためと考えられます。

 

こんな時に多いに活用してほしいのが携帯メールです。

 

お互い「もういいよ!」となっても
その直後に「こんなに怒るつもりなかったんだけどな…」
などと、メールがくると何だか愛おしくなって
ケンカなんてどうでもよくなりませんか?

 

カップルの長続きの秘訣は仲直り上手になることですよ^^
携帯メールを活かさない手はありません。
仲直りの背中を押してくれるツールですので頼ってください。

 

カップルの仲直りはメールで!

お互いのことが好きになって付き合うことになったものの、
価値観や男女それぞれが持つ特性が違うあまり、ケンカになってしまうこともあります。

 

ケンカは、必ずしも悪いことではありません。
価値観の違いをぶつけ合うことで、
相手と自分が違うんだと心から理解することができるからです。
ケンカは相手と心の距離を縮めるチャンスなんですね。

 

だけど、ケンカした後は長引かせてはいけないですよ。
早くメール 仲直りするに越したことはありません。

 

まずやってはいけないことから。
それは、ケンカのすぐあとに理論的にその原因を相手に伝えてしまうことです。
一見正論なんじゃ?と思うかもしれませんが、その正論が曲者なんですよね。
正しいことを述べるだけでは、相手の心には響きません。

 

むしろ余計に感情的に走ってしまう可能性すらあるのです。
ケンカの原因を冷静に話し合うのは、ケンカからしばらく経ってからにしておきましょう。

 

では、どんな仲直りが理想なのか。
それは、メールで伝えることです。
お互い感情的になっているときは、仲直りしたくてもつい余計なことを言ってしまいがち。

 

メールだと、相手に送信する前に、振り返ることができるので、
限りなく素直な気持ちを伝えることができます。

 

彼との喧嘩は、カップルならではの
かわいい仲直りでより関係を深めてください。

 

かわいいぬいぐるみやキャラクターを出動させる

例えばですけど、もし同棲しているなら彼が毎日持ち歩く物の側に
かわいらしいぬいぐるみやキャラクターを並べてみてください。

 

ね、想像しただけでかわいいでしょ(笑)
謝ったわけではないけれど、怒っていないことは伝えることができます。

 

携帯メールでかわいさ満点のメールを送る

文面は思いつかなければ何も書かなくてもOK。
かわいくて面白い写メや動画を送ってみてください。
思わず返信したくなるかもしれません。

 

喧嘩をすると、女性側はとことん話し合いたいと思いますが、
男性側は喧嘩の話題から逃げる傾向にあります。

 

ですから、喧嘩の理由がそこまで重要でなければ、
かわいい演出で仲直りアピールをしてみてください。

 

彼と結婚も考えるくらい一緒にやっていきたいと考えているなら、
かわいい仲直りテクニックを知っているととっても重宝しますよ。

 

「ごめんね」「すき」をあなたの言葉で伝えてあげてください。きっとあっという間に仲直りができますよ。

カップルの仲直りメールで注意するべきこと

コミュニケーションの主な手段がメールになっていることで
それが問題だと指摘する専門家もいます。

 

直接顔を合わせて図るコミュニケーションこそが
大切だと言いたいのでしょうね。私も確かにそうだと思います。
人間同士が直接触れ合うこともすごく大切なことですから。

 

ですが、何事も活用法次第です。
メールが大活躍する場は、ケンカの後の仲直りなのです。

 

だけど、気をつけないといけないこともあります。

 

メールで仲直りするときに気をつけること

文面に温度を感じさせること
手紙とは違い、メールの文面は無機質です。
あなたが思うよりも、相手は冷たい印象を受けているかもしれません。

 

絵文字を顔文字で、あなたの想いを表現してください。
普段絵文字を使わない人でも、仲直りするときだけは気恥ずかしさを残りえてみましょう。

 

但し、ケンカの内容がシビアなときは、絵文字や顔文字だと『フザけているんじゃないか』
と思われてしまうかもしれないので、TPOも大切です。

 

メールで全てを伝えようとは思わないこと

メールで長い文章を作ると、誤解が生じやすくなってしまいます。
通じないかもしれないメールを送ってはいけません。
メールはあくまでも仲直りするだけのツール。
会ってもう一度話しをするための手段にすぎません。
だからメールの文面は、
シンプルに「ごめんね」を精一杯伝えましょう。