思い出に捕らわれる

思い出に捕らわれる

失恋した後、なにげに行ったレストランで、
「そういえばここもあの人に教えてもらったんだっけ」とか、
考えることがありませんか。

 

テレビに出てくる女優を見ても「あの人が好きだって言ってたっけ」とか、
それに付随して「あの人との日々は楽しかった」とか
「もう、あの人以上の人間なんて現れないかも」と、
思い出に捕らわれて、悲観してはいませんか。

 

確かに思い出も重要ですが、それは結局の所過ぎた過去です。
二度と戻ってはこない相手との思い出を美化していても、
今の貴方が得るものはなにもないのです。

 

どんなに以前の人が素晴らしくとも、思い出にしがみついていては、
今の貴方が前向きになることができなくなります。

 

ここはすっぱり過去の引き出しの中に思い出を封印してでも、
新しい世界へ進むべきなのです。

 

今まで見たことのなかった新しい世界には、
新たな楽しさや驚きが待ちかまえているかもしれませんし、
それと同じように、以前の人とはまったくタイプの違う素敵な人が、
貴方の前に現れるかも知れません。

 

思い出も大事ですが、これからの貴方の生き方の方が、もっと大事ですから。